コンテンツへスキップ

紫外線の対策と肌の老化について

紫外線の影響は、お肌の加齢と密接な関係があります。美肌を保ちたいなら、紫外線からの予防はとても大事です。太陽光が弱い季節でも、紫外線の作用は肌に及ぼされていますので、紫外線対策をすることは普段から必須のことです。紫外線からお肌を守る際に特に配慮が必要な季節とは、春先から夏に向けてです。紫外線対策を行う時には、お肌にどのような性質があり、紫外線の作用はどういったものなのかを知っておくことです。外でスポーツをする時や、レジャーのために一日じゅう外出をするような日は、きちんと紫外線対策をする人が多いようです。ちょっとした外出では、気になってはいるものの、手抜きのケアになってしまいがちです。家の中で行動をしている時や、ちょっとした外出でしかない時でも、肌は紫外線の影響を受けていることを知っておきましょう。お肌にしみやしわがふえているのは、紫外線を受けた肌に対して、適切な対処をしていないからかもしれません。お肌を外界の刺激や乾燥から守り、お肌にある水分が出ていかないようにしているのは、皮膚の一番外側にある、皮脂膜や、角質層です。肌の最も外側にある防御層が、紫外線の作用で傷んでしまうと、皮膚は乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりします。肌トラブルがひどくなると、シミや乾燥がなかなか回復しなくなり、たるみやしわ、にきびなどが多くなって、お肌の加齢が加速していきます。紫外線は老化に繋がるだけではなく、皮膚ガンの要因にもなる大変怖いものなので、日焼け止めと日々の十分な保湿ケアを忘れず、しっかり紫外線の対策をしましょう。時計 売る